SEOとSEO対策の違いに潜む"究極の落とし穴"とは? Web担当者に問われる認識の転換

ホームページの検索順位を上げるためには、SEOが重要だと誰もが言います。しかしその一方で、SEOとSEO対策の違いを正しく理解している人は少ないのが現状です。この両者の違いを知らないと、"究極の落とし穴"に陥ってしまう可能性があります。Web担当者には、この落とし穴を回避するための認識の転換が求められています。

タイトル:

リード文:

本文:

SEOとは検索エンジンの仕組み

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略称です。これは検索エンジン側のアルゴリズムやランキング手法のことを指し、ユーザーサイトからは制御できません。つまり、SEOそのものを対策の対象とすることはできないのです。

SEO対策こそがユーザー側で行う作業

一方のSEO対策は、検索エンジンにサイトを適切に評価してもらうために、ユーザー側で行う作業のことを指します。具体的には、コンテンツの質を高めたり、ページ設計を工夫したりすることが含まれます。

正しい認識を持つことが何より重要

両者の違いを理解できないと、SEOそのものに手を加えようとしてしまう"究極の落とし穴"に陥ってしまいます。無駄な努力を避けるためにも、Web担当者は、SEOとSEO対策の違いを正しく認識することが何より重要なのです。そうすることで、確実な検索順位向上につながる対策を打てるはずです。

Follow me!

制作事例

お問い合わせ

ご依頼及び業務内容へのご質問などお気軽にお問い合わせください